いちごNews

最近の話題、気になる事、アニメまとめ・芸能まとめ等色々と紹介していきます。

    ニュース


    東葉高速鉄道 (カテゴリ 千葉県の交通)
    議院国土交通委員会で、山田正彦が「一人が反対しただけで三年間延びた」としている)。さらに、手抜き工事によるトンネル陥没事故や、バブル期の土地高騰のあおりを受けて、建設費が当初予定をはるかに上回る結果となった。近年の営業収支は黒字で推移しているが、その黒字額では建設時の債務の利払いにも足りず、経常収
    23キロバイト (2,553 語) - 2019年11月9日 (土) 07:58



    (出典 enhoko.com)


    あおり運転怖いね。

    1 靄々 ★

    あおり運転で逮捕の男、弁解録取書破る 「手がすべった」容疑否認 千葉・我孫子

     あおり運転で逮捕後、弁解録取書を破ったとして、千葉県警我孫子署は8日、暴行と公文書毀棄の疑いで、同県白井市白井の自称無職、川上秀武容疑者(42)を逮捕した。暴行については「相手がぶつかってきた」、公文書毀棄については「手がすべった」などと話し、容疑を否認しているという。

     逮捕容疑は、同日午前9時半ごろ、同県我孫子市栄の県道で、柏市の大学4年生の男性(21)の乗用車を、1・3キロにわたって執拗に追い、同市柴崎の国道6号で、大学生の車に隣のレーンから川上容疑者が運転する乗用車を故意にぶつけたとしている。大学生に大きなけがはなかった。

     また、同10時40分ごろ、あおり運転の暴行容疑の取り調べを同署で行い、弁解録取書を確認する際、「見せて」と手に取り、破ったとしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00000527-san-l12
    12/8(日) 17:19配信産経新聞


    【【千葉】あおり運転で逮捕の男「手がすべった」!】の続きを読む


    ロシアではジェド・マロース(マロースおじいさん)孫娘のスニェグーラチカを連れて、プレゼントを配るという風習ある。 南半球に位置するオーストラリアでは、クリスマスが夏になることから、サンタクロースは海からサーフボードで、サーフィンをしながらやって来るとされる。 サンタクロースのモデルはシンタクース
    29キロバイト (3,702 語) - 2019年11月30日 (土) 12:28



    (出典 eiga.k-img.com)


    サンタさんいいね〜。

    1 クェーサー(ジパング) [US]

    sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif
    フィンランドの財団が公認したサンタクロースが3日、同国から空路で成田空港に到着した。
    5日まで日本に滞在し、一足早くクリスマスムードを盛り上げる。

    到着したサンタは手を振りながらタラップを下りると、通訳を介して報道陣に
    「トナカイはクリスマス前で休んでいるから飛行機で来ました」と笑顔で話し、
    子どもたちに向けて「クリスマスはもうすぐだから良い子にしていてね」と呼び掛けた。

    ターミナル内では、地元の保育園児にぬいぐるみをプレゼントしたり、記念撮影に応じたりして交流した。

    来日はフィンランド航空がPRの一環で毎年企画している。
    同社の広報担当によると、サンタは日頃、トナカイの世話をしながら、世界中の子どもたちから届く手紙に返事を書くなどの仕事をしているという。
    https://www.nikkansports.com/general/news/201912030000327.html

    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.nikkansports.com)


    【成田にサンタクロースがやってきた〜!】の続きを読む


    騒音、その他(生活騒音、低周波音等)に分類される。また、自動車騒音、鉄道騒音、航空機騒音などは交通騒音とも分類される。 工場・事業場騒音、建設作業騒音、生活騒音など、交通騒音以外の騒音を環境騒音と分類している例が見受けられる。しかし、国際的には、住民が影響を受けるような騒音はすべて環境騒音(Environmental
    23キロバイト (3,082 語) - 2019年8月14日 (水) 09:39



    (出典 smdkut0218.com)


    え〜〜〜

    1 みつを ★

    https://www.fnn.jp/posts/00428568CXL/201912080623_CX_CXL


    保育園に電話かけた男逮捕 「殺意を覚えるほどうるさい」
    フジテレビ
    カテゴリ:地域
    2019年12月8日 日曜 午前6:23

    保育園から聞こえる子どもの声に腹を立て、「殺意を覚えるほどうるさい」などと電話をかけた男が逮捕された。

    佐藤健樹容疑者(37)は、12月3日、自宅近くの保育園に「歌を歌う声が聞こえてうるさい。殺意を覚えるほどうるさい」などと電話をかけた威力業務妨害の疑いが持たれている。

    警視庁の調べに対し、佐藤容疑者は黙秘している。


    【保育園に電話かけた男逮捕!「殺意を覚えるほどうるさい」】の続きを読む


    株式会社はとバス(Hato Bus Co., Ltd.)、東京都内・神奈川県内で定期観光バス、貸切バスを運行している会社である。2003年度から一部の都営バスの運行受託を行っている(後述)。 1948年8月、新日本観光株式会社として設立され、1949年3月に東京都から遊覧バス
    50キロバイト (6,743 語) - 2019年11月4日 (月) 20:12



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    インフルエンザ流行ってるね〜

    1 みつを ★

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191205/k10012203301000.html


    死亡事故起こした「はとバス」運転手はインフルエンザで高熱
    2019年12月5日 17時19分

    東京 新宿区で4日夜、観光バスの「はとバス」が停車していたハイヤーに追突し、ハイヤーの運転手が死亡しました。バスのドライバーはインフルエンザにかかっていて、事故当時、高熱があったということで、警視庁は詳しい状況を調べています。


    4日午後6時半ごろ、新宿区西新宿で観光バスの「はとバス」が、停車していたハイヤーに追突して乗り上げ、そのまま30メートルほど進んだあと、街路灯に衝突して止まりました。

    バスとハイヤーに乗客はいませんでしたが、この事故で、ハイヤーの運転手、宮崎昭夫さん(52)が死亡しました。

    バスを運転していた37歳のドライバーはその場で逮捕されましたが、いったん釈放され、病院に入院して検査を受けました。

    警視庁によりますと、検査の結果、ドライバーはインフルエンザにかかっていて事故当時は38度を超える高熱があったとみられることがわかりました。

    バスのドライブレコーダーには、事故が起きる数秒前からドライバーの頭が前後にゆっくりと揺れている様子が写っていたということです。

    警視庁は、事故が起きた詳しい状況を調べています。

    点呼時は『異常なし』
    (リンク先に続きあり)



    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【「はとバス」運転手!インフルエンザで38度を超える高熱で運転していた。 】の続きを読む


    アナの女王2』(アナとゆきのじょおうツー、原題:Frozen II)は、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作によるアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画。2013年公開の『アナの女王』の続編。2019年11月22日に日米同時公開。キャッチ
    27キロバイト (2,971 語) - 2019年12月5日 (木) 14:40



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    えー

    1 ひかり ★

     映画「アナと雪の女王2」の感想を描いた漫画が、12月3日の19時ごろに7本一斉にTwitterへ投稿され、その不自然さが「ステマ(ステルスマーケティング)ではないか」と物議を醸しています。ねとらぼ編集部の取材に対し、ウォルト・ディズニーの担当者は「本来PR表記を行う予定だったが、どこかでコミュニケーションミスがあり抜け落ちてしまった」「ステマという認識はない」と回答しました。

     漫画を手がけたのは、いずれもTwitterでの活動で注目を集める漫画家たち。7作ともカラー2ページで、ツイートにはハッシュタグ「アナ雪2と未知の旅へ」「アナと雪の女王2」が入るといった共通点がみられます。さらに、どの漫画にも「PR企画である」とは明記されておらず、なかには自発的に見に行ったかのような描写もあり、読者からは「ステマではないか?」といった指摘が相次ぎました。12月4日の朝にはTogetterに当該ツイートがまとめられるなど、炎上状態となっていました。

     さらに程なくして、漫画の作者が謝罪のツイートを順次投稿し始めます。全員が一様に「今回は試写会に招待されてPR漫画を描きました」と述べ、「PR」であることの説明が不足していたとしています。

     もともと宣伝であったことが判明したうえ、おのおのの謝罪対応までほぼ同じだったことから、かえって疑念は拡大。「広告代理店が故意にステマを図ったのではないか」「漫画家の謝罪も代理店の指示なのでは」といった推測の声が上がりました。

     本件についてウォルト・ディズニーの担当者を取材したところ、「一連の漫画は複数のパートナーを介して依頼した」「本来はPR表記を行う予定だったが、どこかでコミュニケーションミスがあり、抜け落ちてしまった」と回答。担当者はステマではないと認識しており、「意図して起きたことでもない」とし、「作家さんにツイートしてもらうという形で対処した」と説明。今後は同じことが起きないよう対策するとコメントしました。なお、現時点で公式サイトなどで説明を行う予定はないとしています。

     ステマの意図はなかったとしても、結果的に疑われる事態を招いたのは事実。本来公式の感想投稿キャンペーン用に設けられたハッシュタグ「アナ雪2と未知の旅へ」は、騒動がもとでなかば「ステマ論の場」といった状態になってしまいました。

     寄せられたツイートでは、「PRであろうがなかろうが読むけれど、広告でないと装うのはアンフェア」「人気作なのだからステマしなくてもいいのに……変なところで映画の評判を下げないでくれ」「依頼側の問題なのに、なぜ漫画家が謝らなければいけないのか」など、依頼元への厳しい意見が目立ちます。その一方で、「漫画家側も危機管理が甘い」とする批判も。「一度ステマを疑われると、何を言っても信じてもらえなくなる」といった声も多く、ハッシュタグ全体が「ステマはなぜダメなのか」を浮き彫りにしています。


    12/4(水) 18:59配信 ねとらぼ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000103-it_nlab-sci

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575490267/


    【「アナ雪2」Twitter感想漫画にステマ疑惑?】の続きを読む

    このページのトップヘ