エコロケーションを行っている。また飼育下のアザラシでも周囲の物音に敏感に反応する様子を観察する事ができる。 アザラシの母親が自分の子供を見分けるための重要な情報が匂いである言われいる。なおアザラシ近縁のアシカ科でも親が子を確認するのに嗅覚が使われいる。 アシカとは外見がよく似いるが、いくつか明確な相違点が見られる。
15キロバイト (1,863 語) - 2019年9月6日 (金) 01:34



(出典 tokitoma.jp)


いいね

1 サンダージョー ★

2019年12月10日 20時49分
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-1210m040222/
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/jbi.13749

 福山大生命工学部生物工学科の佐藤淳准教授(進化生物学)の研究グループが、共通の祖先から分かれたと考えられてきたアザラシ、アシカ、セイウチの遺伝子の分析から、アザラシの祖先だけ別の過程で陸から海へ進出した可能性があるとする論文を発表した。同じ陸の生き物から進化したと考えられてきた水族館の人気者たちが、実はルーツを異にする動物だったことを示唆する研究結果に、水族館のベテラン飼育員も関心を示している。

 アザラシ、アシカ、セイウチの仲間は「鰭脚(ききゃく)類」と総称される海生哺乳類。耳たぶがなく腹ばいで移動する「アザラシ科」▽小さな耳たぶがあり、前後の脚で体を起こして歩く「アシカ科」▽大きな牙を持つ「セイウチ科」――など、主に体の特徴で分類されている。

 佐藤准教授によると、これまでは3000万~4000万年前にイタチの仲間から分かれた後、陸上で暮らしていた祖先が海に進出し、時間をかけてそれぞれの形に分かれたと考えられてきた。

 研究グループは、魚やイカ、エビ、貝などを丸のみで食べる海生哺乳類は甘みやうまみを感じる必要がなく、多くが進化の過程で味覚を失うことに注目。鰭脚類16種の味覚遺伝子を調べたところ、アザラシ科と、アシカ科やセイウチ科の動物では、味覚遺伝子に起きた突然変異のパターンが明らかに違うことが判明したという。

 佐藤准教授は「陸上で進化を遂げた別の動物が、それぞれの事情で海に適応し、味覚機能の一部を別々の過程で失ったと考えられる」と説明する。

 アザラシやアシカは愛らしい姿や芸達者で水族館や動物園の人気者。宮島水族館(広島県廿日市市)では、ゴマフアザラシやカリフォルニアアシカを同じプールで一緒に展示することも多いという。飼育経験20年以上のベテラン専門員、赤木太さん(50)は「言われてみれば泳ぎ方の特徴も違うし、同じ空間にいてもほとんど干渉し合わない。出自まで違うとすれば興味深い」と話す。

 論文は11月21日に学術誌「Journal of Biogeography」オンライン版に掲載された。今回の研究成果は、地形や環境の変化が生物の進化や分布に及ぼす影響などを考える参考にもなるといい、佐藤准教授は「動物の進化と私たちが暮らす環境との関わりをより深く研究していきたい」と話している。【李英浩】


(出典 assets.media-platform.com)





2 ニュースソース検討中@自治議論スレ

アシカの先祖はあ鹿
アザラシは顔のアザらしい



4 ニュースソース検討中@自治議論スレ

オットセイはなんじゃらほい



44 ニュースソース検討中@自治議論スレ

>>4
オットセイは毛の生えたアシカの仲間
アザラシは手にツメがある



5 ニュースソース検討中@自治議論スレ

どっちも猫科だよね



7 ニュースソース検討中@自治議論スレ

>>5
ネコ目じゃないかな


(出典 hovita.club)



8 ニュースソース検討中@自治議論スレ

所詮は、イモリとヤモリぐらい違うって事か。


(出典 i.pinimg.com)



9 ニュースソース検討中@自治議論スレ

>>8
イモリとヤモリは相当違うぞ。
両生類と爬虫類だし。



12 ニュースソース検討中@自治議論スレ

 アシカは、陸を走るのはペンギンより速い、陸寄り
http://danshireview.com/archives/2632

 アザラシは陸では腹這い移動、ただ、氷上ならそれも悪くない
http://danshireview.com/archives/188



14 ニュースソース検討中@自治議論スレ

セイウチは一目で違いがわかるが
アシカとアザラシはよくよく確認しないと違いに気づかない


(出典 www.saiyu.co.jp)



25 ニュースソース検討中@自治議論スレ

>>14
アシカとアザラシは見た目全然違うけど



26 ニュースソース検討中@自治議論スレ

>>25
一般人は、なんかビタンビタン歩いてるのがいるな、程度の認識だぞ



30 ニュースソース検討中@自治議論スレ

>>14
後脚を前に向ける事ができて陸上で四つ足で歩けるのがアシカ
後脚を前に向ける事が出来なくて陸上では腹でポヨンポヨン跳ねて移動するのがアザラシ



15 ニュースソース検討中@自治議論スレ

ゾウアザラシは象から進化



29 ニュースソース検討中@自治議論スレ

水中生活者になってからじゃないと味覚の変化なんてしないのに
なんで海から陸に別々に進出した可能性があるって事になるんだ



32 ニュースソース検討中@自治議論スレ

>>29
カワウソ程度の水辺生活でも生じてもおかしくない気がするけどなあ



41 ニュースソース検討中@自治議論スレ

アザラシの足の骨は後ろ向きについてる(泳ぎ専用に進化)
アシカらの足の骨は前向きだから歩ける

因みに、人がハイハイする時に手の指は前向きだけど、アシカらは後ろ向き



42 ニュースソース検討中@自治議論スレ

どっちなんだよ

鰭脚類 - ウィキペディア
>アシカ類とアザラシ類は起源の異なるグループであり、両者の類似は、単に収斂進化によるものである、とする主張があった。
>独立起源説は、1980年代半ばまでは主流であったが、
>しかしその後、
>ミトコンドリアDNAの分析から、鰭脚類はアンフィキオン科を祖先とする単一の系統である、とする説が有力となった。
>現在では、かつての独立起源説に替わり、この単一起源説が広く受け容れられている。
(省略部分あります)



43 ニュースソース検討中@自治議論スレ

>>42
>>1は「こういう可能性がある」という仮説が新たに提唱されたという記事では
他の研究者による追試がされないと既存の定説は覆せない
強いて言えばWikipediaにこれこれこのような仮説を○○らが提唱している、とかの記述が追加される程度では



45 ニュースソース検討中@自治議論スレ

>>42
鰭脚類はアンフィキオン科を祖先とする単一の系統というのを>>1は否定してない
>>1が言ってるのはその祖先が海に入ってからアザラシ、アシカと別れたのではなく、
単一の系統の中から海に入った時期や場所、種が違うということ

変な例えだけど、
ライオンが海に入って進化した生物Aと、ヒョウが海に入って進化した生物Bがいたとしたら、
それらはネコ科を祖先とする単一の系統と言ってるのがウィキペディアであって、
>>1はライオンとヒョウで種が違うと言ってる感じ