いちごNews

最近の話題、気になる事、アニメまとめ・芸能まとめ等色々と紹介していきます。


    ブラッククローバー』(Black Clover)は、田畠裕基による日本の漫画作品。『少年ジャンプNEXT!!』(集英社)2014年Vol.2で読み切りとして掲載された後、『週刊少年ジャンプ』(集英社)2015年12号から連載中。話数単位は「ページ○」。略称は「ブラクロ」。
    282キロバイト (40,060 語) - 2019年11月12日 (火) 10:05



    (出典 images.ciatr.jp)


    続きがみたくなる。

    14 名無しさんの次レスにご期待下さい :2019/09/09(月) 07:23:46.96 ID:GchjbhfW0.net

    天秤さんは悪魔相手じゃなければまともそうなんだよな


    【【田畠裕基】ブラッククローバー】の続きを読む


    8月29日 - スカイネットが暴走してICBMをソ連に発射。いわゆるジャッジメント・デイ(審判の日)となり、核戦争が世界規模で勃発する。映画『ターミネーター』 月日不明 - 初代ブースカ、30年振りに地球へ帰還し、旧友・チョロ吉と再会。生みの親・屯田大作を探しに出かけるが見つからず。その後大作から
    26キロバイト (2,627 語) - 2019年10月24日 (木) 11:54



    (出典 www.tvgroove.com)


    いいね!

    1 :2019/11/08(金) 18:11:39.64 ID:R7lJhzqm0●.net BE:472367308-PLT(16000)


    (出典 img.5ch.net)

    映画「ターミネーター2」以来はじめてジェームズ・キャメロン氏がガッツリと製作に加わった作品として世界中のファンが期待した「ターミネーター:ニュー・フェイト」(以下ニューフェート)だが、

    残念ながら、ターミネーター2はおろか、前作である「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(以下ジェニシス)すら越えられない残念作だった。

    (中略)

    ストーリーの作り込み、キャラクター設定の作り込みが非常に薄くて浅い。行動に対する動機が薄いし、

    特にアーノルド・シュワルツェネッガー演じるT800に関しては「えっ? そんな動機?」と思えるほど薄くて感情移入できなかった。いや、感情移入の入り口にも到達できなかった。

    ・エドワード・ファーロングが出る?
    ちなみに「ジョン・コナー役のエドワード・ファーロングが出るのではないか」と言われていたが、出るのは出た。しかし、まさか「あのような演出」で出てくるとは思いもしなかったし、

    作品を盛り上げるという点に関しても効果絶大で、彼をそのような出し方にしたことは評価したい。

    (中略)

    ・ジェニシスのワクワク感越えられず
    結論としては、映画作品としてニューフェートはジェニシスのワクワク感を越えることはできなかった。よくできた作品とは正直言えない。正直なところ、新起動だけでなくターミネーター4も超えてない。内容が薄すぎる。

    もちろん、そのようなことを言うと過激派(インターネット内限定)な自称ターミネーターマニアがブチギレ激怒し、

    「ジェームズ・キャメロン万歳!」「絶対に許さない!」な勢いで文句を言ってくるかもしれないが、それでもいい。良い作品とは賛否両論となるものだ。残念作なのは間違いないが。

    全画像と全文は以下ソース
    http://buzz-plus.com/article/2019/11/08/terminator-dark-fate-genisys-news

    (出典 cdn.buzz-plus.com)


    【【映画】ターミネーターニューフェイト】の続きを読む


    浦島坂田船(うらしまさかたせん)は、日本の男性音楽グループである。主にニコニコ動画で活動している。うらたぬき、志麻、となりの坂田。(あほの坂田。)、センラの4人から構成され、それぞれの名前から2、3文字を取りグループ名にしている。全員がニコニコ動画などで生放送を行う「生主」出身の歌い手であり歌手。ファンの総称は「crew(クルー)」。
    20キロバイト (1,073 語) - 2019年11月16日 (土) 08:10



    (出典 www.jvcmusic.co.jp)


    合戦/浦島坂田船

    (出典 Youtube)


    声いい!イケボですね。

    343 風吹けば名無し :2019/11/13(水) 22:07:57.39 ID:mgz6S5DS0.net

    この世界結構*やな


    【【MX】浦島坂田船の日常】の続きを読む

    このページのトップヘ